ぽちのDIYブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS デュアルソー ダブルカッター CS450 修理

<<   作成日時 : 2017/07/02 19:26   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

以前から欲しいと思いながらも高価なので諦めていたCS450ですが、ヤフオクでジャンク品を購入してみました。
画像

箱付きですが、箱はすぐに捨てました。
画像

このデュアルソーはカーボンブラシ破損の為ジャンクで出品されていました。
なるほど、破損しています。
画像

前の持ち主が無理やりカバーをあけようとしたみたいで、傷だらけです。
画像

ねじ2本で簡単にカバーは取れます。
画像

とりあえず、ホームセンターで代替品を購入してきました。
画像

カーボンブラシはやはりついていません。
画像

念の為、スイッチなど導通チェックもしておきました。
問題ありませんでした。
画像

購入したカーボンブラシを取り付けました。
形状が若干違いますが、電流が流れれば良いだけなのでOKだと思います。
これで、カバーを元通り組み付けて、スイッチ、ON!!

・・・・・・・・・・?
まったく動作しません。
他にも問題ありそうです。
画像

さらに分解していきます。
画像

早速、問題点を見つけました。
カーボンブラシの接点部分がひどく汚れています。
どうやら熱で溶けたプラスチックがこびりついているみたいです。
画像

サンドペーパーで少し磨いただけで、その差がよくわかります。
画像

さらに、本体内部を覗いてみると、カーボンブラシの接点付近のプラスチックが溶けて変形しています。
この部分が、軸のカーボンブラシ接点に常にあたって干渉しています。
なので、軸が回りにくくなっていました。
画像

内部のモーター外側部分を外し、内部奥のプレスチックが溶けて変形している部分を削りました。
画像

ギア部分は無事みたいでした。
あとは、再度組付け、スイッチ、ON!

・・・・?
まさかの動作しません。
再度分解です。

画像

テスターでカーボンブラシと軸の接点を導通チェックすると、すぐに原因はわかりました。
取り付けたカーボンブラシは若干形状が違っていたのですが、純正と違う点でブラシに切り欠きがありません。
それで、ブラシが途中で引っかかってしまい、電流が流れないのが原因でした。
なので、ブラシ取り付け部分の凸をやすりで削って無くしました。

画像

画像ではわかりにくいですが、元気に回っています。

画像

試しに不要なものをカットしてみました。
気持ちよく切れました。

修理完了しました。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
デュアルソー ダブルカッター CS450 修理 ぽちのDIYブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる